FEATURES

Webファーストゲームエンジン

デスクトップとモバイルブラウザ向けに作られたWebGL/HTML5ゲームエンジンです。
豊富な機能を揃えた3Dエンジンとクラウドホスティングされた開発環境およびツールセットを備えています。
PlayCanvasの用途は非常に多様で、ゲームだけでなく、様々なWebコンテンツで活用できます。

ゲーム

PlayCanvasは、最新のWebブラウザゲームを強化します。ロード時間を大幅に短縮し、ブラウザ上で60fpsのゲームプレイや、コンソール品質のグラフィックを実現します。

PLAYCANVAS EDITOR

PlayCanvasエディタは、現在利用可能な中でもっとも高度なWebGLオーサリング環境です。
豊富な機能ですばやく開発ができます。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

リアルタイムコラボレーション

クラウド上でのリアルタイムな共同作業によって、アプリケーションを迅速に作成できます。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

ワンクリックでパブリッシング

たった1回のクリックで、PlayCanvasアプリケーションをWebにパブリッシュ可能です。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

コンパイル不要なプロジェクト

PlayCanvasはJavaScriptゲームエンジンのため、コンパイル手順が不要です。このため高速なトライ&エラーが実現できます。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

デバイス上での開発とテスト

アプリケーションを、モバイルやタブレットハードウェアで直接テストしましょう。launchURLにアクセスするだけで、コードやアセットはデバイス上でリアルタイムにアップデートされ、反復時間が飛躍的に短縮されます。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

容易なデバッグやプロファイリング

ブラウザのディベロッパーツールを使って、アプリケーションのデバッグやプロファイリングを簡単に実行できます。

PLAYCANVAS ENGINE

オープンソースのPlayCanvasエンジンは、世界トップクラスの高度なWebGLゲームエンジンです。
JavaScriptを使用して簡単な2Dゲームから複雑な3Dグラフィックシミュレーションまで、幅広くプログラミングできます。標準準拠かつクロスプラットフォームのHTML5ですべて記述され、あらゆる主要なブラウザやデバイスに対応しています。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

オープンソース

PlayCanvasエンジンはMITのライセンスの下、GitHubでオープンソース化されています。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

わずかなメモリ使用量

PlayCanvasエンジンのメモリ使用量は最小限なため、高速な読み込みや実行が可能です。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

モバイル向けに最適化

PlayCanvasエンジンは、最新でないデバイス上でも優れたパフォーマンスで作動します。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

コンパイル不要なプロジェクト

PlayCanvasはJavaScriptゲームエンジンのため、コンパイル手順が不要です。このため高速なトライ&エラーが実現可能です。

より詳細な説明

上記はPlayCanvasの機能のごく一部です。この他にも多様な機能があり、パイプラインからは多くの機能を選択できます。

All
New
Graphics
Engine
Editor
Pipeline
UI
Mobile
:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

WebGL 2のサポート

PlayCanvasエンジンは最新バージョンのWebGL APIを使用、必要に応じてWebGL 1も使用可能

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

非同期アセットストリーミング

不要なアセットのローディングを保留し、アプリケーションのローディングを高速化

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

強力な音声API

WebAudioフィルタと接続された簡単に使用できるAPIの3Dサウンド

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

エンティティコンポーネントシステム

使いやすいアプリケーションフレームワークで、アプリケーションを迅速に構築

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

フィジカルベースドレンダリング

リアルタイムな3Dグラフィックの最新技術を使用したリアルなレンダリング

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

シェーダー・チャンクシステム

部分および全体シェーダーのカスタマイゼーションをサポート:パラメータの調整、標準シェーダーのチャンクをオーバーライド、独自のGLSLを記述

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

GPUスキニング

キャラクターアニメーションをGPU上で動作

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

GPUパーティクルシステム

パーティクルエフェクトシステムをGPU上で動作

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

ランタイム・ライトマップ生成

高解像度かつシャドーイングされた多くのstaticなライトにより、ネットワーク上でライトマップのダウンロードは不要

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

静的ライティングの最適化

あらゆるプラットフォーム上で、多数のstaticなライトを利用可能

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

ブレンドシェイプ・アニメーション

モデル上でのブレンドシェイプ・アニメーションをサポート

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

多様な影とライトテクスチャ

複数の影投影アルゴリズムから、ニーズに最適なものを選択可能。ライトテクスチャによって、すぐれた表現を手軽に実現。

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

アセットインポーターとマネージャー

3Dモデルやアニメーション(FBX、OBJ、DAE、3DS)などのアセット、HDRテクスチなどのテクスチャ、音声ファイルなどをインポート

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

リニアおよびHDRグラフィックパイプライン

リニアおよびHDRグラフィックパイプライン:ガンマの調整、トーンマッピングされたレンダリング、HDRキューブマップとライトマップのサポート

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

デバイスAPIを入力

キーボード、マウス、ゲームパッド、タッチスクリーンなどの入力デバイスをサポート

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

署名済みのディスタンスフィールドフォントのレンダリング

OTFなどのフォントをフォントアセットに変換し、PlayCanvasのシーンに鮮明なテキストをレンダリング

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

剛体物理エンジン

不要なアセットのローディングを保留し、アプリケーションのローディングを高速化

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

レスポンシブデザイン向けユーザーインターフェースツール

レスポンシブデザイン向けの独自の2Dまたは3D UIを作成するためのコンポーネント

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

WebVRをサポート

最新のWebVR標準をサポートし、ルーム規模やモバイルでのVR体験を生成

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

オンデバイスの開発とテスト

モバイルデバイス上でのリアルタイムなアップデートにより、トライ&エラーを大幅に短縮

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

強力なアセットフィルタリング

膨大なアセットを検索およびフィルタリングし、開発を高速化

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

シーンのリアルタイム編集

クラウド上でのリアルタイムな共同作業によって、チームメンバーがおこなった変更を即座に反映

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

キューブマップのイメージベースドレンダリング

イメージどおりのライティングをワンクリックで設定

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

アプリ内の視覚的なプロファイラー

プロファイラーオーバーレイは、PlayCanvasアプリケーションのグラフ、タイミング情報、統計を表示

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

ワンクリックでテクスチャ圧縮

プロジェクトのすべのテクスチャをDXT、PVR、ETC1にワンクリックで圧縮

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

マテリアルエディタ

マテリアルを迅速かつ簡単に微調整可能、リアルタイムで視覚的に実現

:class="['section__block__btn', currentBtn !== index || 'is-current']"

マルチプラットフォームのサポート

WebGL対応したすべてのデバイスのWebブラウザで実行可能:デスクトップ、ラップトップ、タブレットまたはモバイル

PAGE TOP